2015年05月18日

石切道を行く

朝からモンベルのアウトレット店に行きました。
今までは登山時には毎回ジャージをはいていましたが、ちゃんと登山用の長ズボンを買うことにしたのです。

それと小さめのザックも購入。今年はもっと六甲山にたくさん登るつもりなので、少しずつ揃えていくのです。秋に六甲全山縦走に挑戦しようと思っており、そのための準備でもあります。

それから、「山と高原地図」のiPhoneアプリを入手しました。アナログの地図は持っているけど、やはり現在地がわかった方が良いだろうと思ったので。


買い物を済ませて、早めの昼ご飯が終わったらちょうど12時。
色々とニューアイテムをゲットしたら、それを使いたくなるのが人情というもの。先日から通ってみたいルートがあったので、すぐに出かけることにしました。(o^^o)

通ってみたいルートというのは「石切道」といって、うちの近くの住吉川を登っていったところにある道なのです。


阪神の魚崎駅のところから住吉川の土手に降り、アプリの記録開始。

0517_2.jpg

まずは白鶴美術館。普段の散歩でもこの辺りまでは時々きます。ここから更に山の方へ、これまで通ったことのない道へ入っていきます。

「自分が住んでるあたりから山に入って行くと、こんな風になってたんだ〜。」
と妙に感心。^^;

0517_3.jpg

しばらくは舗装道を進んでいきます。すると見えてきました、石カフェの看板。他の方々のブログでよく見かけていたので、実際に見れてなんか嬉しい。

道はここから山道に変わります。

0517_4.jpg

石切道の入口を見つけ、いよいよ石切道に入ります。アプリで時々位置確認をすると、ちゃんと思った通りの位置になってます。

このコースはひたすら上りの階段と、上りの坂道でほぼ構成されてます。休憩できそうなポイントは特になく、ひたすらのぼるのぼる。
ただ、道はとてもわかりやすく、よほど油断しなければ迷う心配はなさそう。


ずっと道幅の広いしっかりとしていた道が、後の方はやや細く険しい感じになってきました。
それでもまぁ悪い道ではないですね。これは良いルートを開拓しました。(o^^o)

0517_5.jpg

石切道はここまで。
もう少し歩いたところに六甲ガーデンテラスがあるので、とりあえずそこまでは行く。

0517_1.jpg

いい眺め。
ここでしばらくおやつを食べて休憩。


この後は六甲ケーブルの駅まで歩き油コブシ方面へ。しかし油コブシに行く途中で寒天山道にそれて渦森展望公園に向かいます。

0517_6.jpg

寒天山道は一ヶ所倒木があったり、道が荒れててちょっと焦りましたが、無事に渦森展望公園に到着しました。ここからは普通に住宅街になるんだけど、家まで思った以上に距離があってしんどかったです。(^^;


今回のルートは、

阪神魚崎駅−白鶴美術館−石切道を、六甲ガーデンテラス−六甲ケーブル山上駅−寒天山道を経て、渦森展望公園−住吉中学校

距離は15.2kmで、時間は4時間20分かかりました。

posted by まあけん at 00:21| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。