2015年05月23日

キンラン見つけた! 「 東おたふく山 〜 雨ヶ峠 〜 六甲山頂 〜 宝塚 」

今回は会社の人と二人で山登り。

相方は東おたふく山の保全活動に参加されている人で、先日、東おたふく山の根ザサ刈りをして綺麗になったから一緒に見に行きましょうということになったのです。

朝の8時ぐらいにJR芦屋駅で合流し、そこからはバスに乗って「東おたふく山登山口」へ移動します。

0525_04.jpg

登山口のところの看板。
今回は東おたふく山マスターが一緒なので安心だぁ♪(o^^o)

ちなみに今回は登山口からドビワリ峠側ではなく、南東の斜面からアタックします。
こちらのルートはちょっと急で、あまり人が通らないらしく、道もちょっとわかりにくい。

それでも途中からは綺麗に整備された通路になって、気持ちよく登ることができました。

0525_03.jpg

やったー!東おたふく山の頂上に到着〜!

ここは海側の眺めも良いし、広々とした草原で本当に気持ちのよい場所です。

0525_01.jpg


今回の目的のひとつ、東おたふく山はクリア。ここから雨が峠に向かいます。
実は去年の秋に二人で芦屋のロックガーデンから雨ヶ峠に来たことがあり、そこから東おたふく山→ドビワリ峠→石宝殿→六甲山最高峰 というコースを通ったのです。

今回はその時に通らなかった七曲りから最高峰へのルートを登ろうというのが、もう一つの目的です。
私は少しまえに一度、七曲りを通ってますんで、ここからは案内役交代。

前回、七曲りを通らなかったのは、かなりキツいルートだと聞いていたから。
六甲登山は初めての二人だったので、七曲りはやめといて、蛇谷北山〜石宝殿を通りましょうってことにしたんです。

でも今思えば、七曲りルートの方が人も多いし、道もわかりやすく歩きやすい。こっちの方がたぶん楽です。


楽って言っても、それでもキツい……。
ハァハァ言いながら、一軒茶屋に到着。ここでトイレ&おにぎり休憩♪

六甲山最高峰は、一度見てるから今日はもういいやってことで、ここから3つ目の目的、「縦走ルートをたどって宝塚へ行く」がはじまります。


まったく未知の道なんだけど、さすがは縦走路。わかりやすいです。
一応まえもって地図を見たり、ネットの情報などを調べてたけど、迷うポイントがありません。

時々iphoneの地図アプリで現在位置を確認するぐらい。

船坂峠、大平山、大谷乗越、岩倉山……長いです。
途中、あまり景色がかわり栄えしないので、地図でも見てないと、なかなか進んだ感じがしません。(^^;

そしてやっと塩尾寺(えんぺいじ)に到着。山道はここで終わり、あとは舗装路をダラダラと宝塚駅を目指して下りていくのでした〜。



そうそう、今回はパートナーがいたおかげで、珍しい花を見ることができました。
(一人で山道を歩いていると、道が間違ってないかばかりに気を取られて、花にはなかなか目がいかないのです。)

0525_02.jpg

「キンラン(金蘭)」というらしいです。まだツボミだったけど、とてもかわいらしい花。

あとで調べてみたところ、絶滅危惧II類だそうな。
綺麗な花なので、盗掘していく人がいるそうだけど、花壇では育てられないとのこと。(詳しくはWikiで)

そういうワケなので、見つけても絶対に取らないで、写真だけにしておきましょう。



今回のルートは、

東おたふく山登山口−東おたふく山−雨ヶ峠−本庄橋−七曲りを経て、一軒茶屋−六甲山縦走路を通って、塩尾寺−宝塚

距離は15.5kmで、時間は6時間20分かかりました。


0525_05.jpg

さいごに宝塚で「ラーメン工房 あ」に寄って、ラーメンとビールで乾杯♪

山歩きのあとのビール、うま〜っ!


posted by まあけん at 23:22| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

石切道を行く

朝からモンベルのアウトレット店に行きました。
今までは登山時には毎回ジャージをはいていましたが、ちゃんと登山用の長ズボンを買うことにしたのです。

それと小さめのザックも購入。今年はもっと六甲山にたくさん登るつもりなので、少しずつ揃えていくのです。秋に六甲全山縦走に挑戦しようと思っており、そのための準備でもあります。

それから、「山と高原地図」のiPhoneアプリを入手しました。アナログの地図は持っているけど、やはり現在地がわかった方が良いだろうと思ったので。


買い物を済ませて、早めの昼ご飯が終わったらちょうど12時。
色々とニューアイテムをゲットしたら、それを使いたくなるのが人情というもの。先日から通ってみたいルートがあったので、すぐに出かけることにしました。(o^^o)

通ってみたいルートというのは「石切道」といって、うちの近くの住吉川を登っていったところにある道なのです。


阪神の魚崎駅のところから住吉川の土手に降り、アプリの記録開始。

0517_2.jpg

まずは白鶴美術館。普段の散歩でもこの辺りまでは時々きます。ここから更に山の方へ、これまで通ったことのない道へ入っていきます。

「自分が住んでるあたりから山に入って行くと、こんな風になってたんだ〜。」
と妙に感心。^^;

0517_3.jpg

しばらくは舗装道を進んでいきます。すると見えてきました、石カフェの看板。他の方々のブログでよく見かけていたので、実際に見れてなんか嬉しい。

道はここから山道に変わります。

0517_4.jpg

石切道の入口を見つけ、いよいよ石切道に入ります。アプリで時々位置確認をすると、ちゃんと思った通りの位置になってます。

このコースはひたすら上りの階段と、上りの坂道でほぼ構成されてます。休憩できそうなポイントは特になく、ひたすらのぼるのぼる。
ただ、道はとてもわかりやすく、よほど油断しなければ迷う心配はなさそう。


ずっと道幅の広いしっかりとしていた道が、後の方はやや細く険しい感じになってきました。
それでもまぁ悪い道ではないですね。これは良いルートを開拓しました。(o^^o)

0517_5.jpg

石切道はここまで。
もう少し歩いたところに六甲ガーデンテラスがあるので、とりあえずそこまでは行く。

0517_1.jpg

いい眺め。
ここでしばらくおやつを食べて休憩。


この後は六甲ケーブルの駅まで歩き油コブシ方面へ。しかし油コブシに行く途中で寒天山道にそれて渦森展望公園に向かいます。

0517_6.jpg

寒天山道は一ヶ所倒木があったり、道が荒れててちょっと焦りましたが、無事に渦森展望公園に到着しました。ここからは普通に住宅街になるんだけど、家まで思った以上に距離があってしんどかったです。(^^;


今回のルートは、

阪神魚崎駅−白鶴美術館−石切道を、六甲ガーデンテラス−六甲ケーブル山上駅−寒天山道を経て、渦森展望公園−住吉中学校

距離は15.2kmで、時間は4時間20分かかりました。

posted by まあけん at 00:21| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。